RSS
 

印章の説明

■印鑑とは
実印 実印は、役所に登録する印鑑を実印といいます。
実印は財産(不動産、自動車など)の取引など重要な用途において印鑑登録証明書を添付して用いられます。彫刻はフルネームで彫刻します。
銀行印 銀行印は、銀行、証券会社などの金融関係に用いる印鑑です。
金銭に関わるものですので実印や認印とは別に用意することをお勧めします。
認印 認印は、一般に申し込みや受け取りなどの証明用として用いられる印です。認印は姓(苗字)のみが彫られた印鑑で日常生活に多く使われる印鑑です。
法人実印 法人実印は、役所に登録する印鑑を実印といいます。
法人実印は法務局(登記所)に登録する会社、各種法人の印鑑です。二重丸の外側には会社名、商店名、団体名など、内側には代表取締役印、代表者印などの役職名を彫刻致します。
法人銀行印 法人銀行印は、銀行、証券会社などの金融関係に用いる印鑑です。
二重丸の外側には会社名、商店名、団体名など、内側には通常「銀行之印」と入れます。
法人角印 法人角印は、法人(団体)の請求書、領収書、契約書などに、社名や住所に付して確認のために用いられる印鑑です。

ページトップへ